エグゼクティブへのコンサルティング




経営者

経営者は常に孤独です。そして最終的に一人で決断を下します。最終的に企業の経営責任を負うのは経営者一人だからです。

そのような状態の経営者は誰に自分の悩み聞いてもらったり、相談相手になってもらったり出来るでしょうか。

社員の意見を聞くことは賢いことです。しかし社員に自分の悩みを打ち明けても、道は開いてきません。立場が違うからです。

取引先も同じことです。

銀行はどうでしょうか。銀行について、「晴れの日には傘を借りてくれとうるさく言い寄ってくるのに、雨になると、とたんに傘を取り上げる」と言われます。まさにその通りです。それは、銀行の本質は高利貸しです。営業成績がよい時には便宜を図ってくれますが、経営が苦しくなると、貸した金をすぐにとり返そうとします。バブル崩壊後の各銀行の行ったことを見ればこれは一目瞭然です。




コンサルタントの役割

この様に他に頼ることの出来ない経営者の話し相手や相談相手になれるのがコンサルタントです。

わたし達に課せられている責務の一つは経営者以上にその会社の成功にコミットしていることです。そのためには、法律上許されている範囲内で必要なことは何でもやる覚悟を要求されます。

もし経営や個人的な事に関してお悩みでしたら、一度ご相談下さい。




費用:
費用は1時間あたり2万円です。消費税を別途申し受けます。1回のセッションを1時間とお考え下さい。

ご質問:
コンサルティングの具体的な内容や費用に関するご質問などはここをクリックして、フォームにてお申し込みください。






(戻る)